本年度の大学AO入試対策講座を始めます。

センター試験が終わりましたね。受験生の皆さん。お疲れさまでした。

1年間というのは早いですね。

今日は,独立行政法人国立病院機構熊本医療センター附属看護学校の一次試験がありました。今年の受験者は多そうです。約90名?ほとんどが現役高校生です。九州でもトップの難関看護専門学校です。多いですね。受験者が。

ちなみに,公務員受験,看護系,医療系受験を目指す高校生が増えているようです。確実に職業が得られるところが魅力なのだと思います。

国立医療センター附属看護学校は,1次では数学は殆ど,9割以上取る必要があるという感じます。合格された当校の生徒さんを見ているとそう思います。英語も難しいです。

高校生や社会人の皆さん。医師会・国立医療センター附属看護学校を目指す方は,早めに勉強しておきましょう。7月までに基礎がしっかりでき8月には過去問をやっていくようなスパンで行けば合格は近いです。

 

さて当校の強みは,学習指導だけではありません。小論文・面接対策の強みがあります。大学入試・医療看護学校受験・就職面接試験・公務員試験の小論文・面接対策を数多くさせていただきました。

①自分の強みを知る。

②学校に行く必要性があるのはどうしてか。

③将来設計   ①②③は必須ですね。

しかし,それだけでは横一列平均的な受け答えになってしまいます。それでは大学AO試験は……です。大学や学校・地方公共団体が「この子はぜひ欲しい。」という、キラッとしたものがないと。

それは○○○をすることです。それを当校では,一人ひとりにあわせて徹底調査し,また訓練を重ねていきます。くわしくは,当校にいらしてください。

大学AO対策費講座を開始いたします。

 

Copyright© 2019 KOGENYOBIKOU All rights reserved.