直線的学習法と教育753について

直線的学習法と教育753について

「教育753」ご存知ですか。そうかもしれないなと最近思います。

 

 

教育753とは,小学校で3割,中学校で5割,高校で7割の生徒が
授業についていっていないことを表しています。

 

 

大学受験では,基礎ができていないと,過去問まで到達できません。
しかし,中学高校の基礎の基礎から学習するとなると……

 

 

大学受験の勉強する期間がたりません。
でもそれは可能です。個人差はもちろんあります。

 

 

「直線的学習法」当校が取り組んでいる学習法です。
音楽の曲に例えると,一小節ごとにきちんと練習するのではなく,

 

 

一度全体の曲をつかんだのち,細かに練習をしていく。
直線的学習法は,全体を一気に学習します。

 

 

数学Ⅰならわずか1.2カ月で一周します。
それから細部を強化します。

 

 

ですから,仮に中学校の復習から始めたとすると
中学校の復習は1カ月程度で終了します。速い生徒は1週間かかりません。

 

 

7月までには基礎を終えておきたいですね。
それから実戦演習するのが理想です。合格への道ですね。

 

 

それには,一斉指導では……。当校では一斉指導はできません。
なぜならば,一人ひとりの理解のスピードが異なるからです。

 

 

ひとつひとつ確認をしながら進まないと消化不良を起こします。
これが「直線的学習法(gestaltゲシュタルト学習法)」です。gestaltとは「概念」の意味です。

 

 

基礎から細部も終わると,志望大学の過去問に直接あたります。
基礎と過去問の往復をし,理解度を上げていきます。

 

 

無駄なことは一切しません。
だから,基礎ができている方は,過去問と基礎の往復のみで学習するので,
実戦力がかなりつきます。

 

どうぞ体験授業(無料)を受けてみてください。

Copyright© 2019 KOGENYOBIKOU All rights reserved.