高校生・社会人から確実に看護学校へ合格するのに絶対に必要なこととは……

【高校生・社会人から看護学校へ合格するには】

医療看護専門学校・大学専門の予備校 江原予備校
10年連続で年度内合格率 90%以上

社会人推薦試験は10月です。あとわずか8カ月後です。勉強を始めましょう!

①勉強時間の確保

基礎ゼロからの学習の場合,8カ月以上は必要です。
毎日2時間以上は勉強しましょう。

②面接が重要。近年グループディスカッションが多い。

1.志望動機
2.看護師の必要な資質は?
3.自己PR
4.何で看護師を目指すのか
5.コミュニケーション力

 

 

……これらは定番です。もちろん大切ですが。

もっとも大切なのは,

 

 

a.ゴール設定 卒業後どうしたいのか。
b.なんでこの学校・大学でなければならないのか。
c.現在の自分を把握しているか。看護とは何か理解しているか。
d.問題解決能力 例 上司や部下が間違いをしていたらどう注意しますか。など
e.対応力 特にグループ面接では重視される。

例 末期治療の患者の看護をあなたならどうするか。など

 

そして

f.「感謝」……です。

 

面接官は「よく気が付く人」=「仕事ができる人」=「忙しい人」
なのです。「自分の為に貴重な時間を割いていただいた。すみません。」
そのくらい思ってください。
できる人は「時間」を大切にします。たとえ5分でもです。

だから最初の「気が付く人」は最初の「失礼します!」のひと声で見抜きます。
忘れないでくださいね。

 

 

 

 

 

 

③小論文・作文対策

どちらも文章の組み立てに時間を割きましょう。

小論文・作文も ルーティンワーク(定型の書き方)があります。

練習すれば,誰でもうまく書けるようになります。

しかし,合格平均点以上に「この生徒は欲しい」と言われるようにするには,

 

 

もっと大切なことがあります。

 

それは……ideaです。

ideaはそう出せるものではないです。それは情報の化合物だからです。

「情報の化合物」 とは 昨今の中学生・高校生は情報をたくさん持っていそうで

持っていないです。キーワードがなければ,ideaは出せません。

だから,志望動機でも「総合的に学びたい。」「人間的に成長したい。」と合格点かもしれませんが

はっきり言って「つまらん」です。

キーワードをそろえることが大切です。ただ書けばいい。そういうものではないのです。

 

 

面接・小論文対策AO対策を行っています。お問い合わせください。

合格点以上の「この学校に来てくれないか」 と言われるような対策を目指します。

Copyright© 2019 KOGENYOBIKOU All rights reserved.